出産祝いの相場は?兄弟や友人からプレゼントランキング

出産祝い 相場 友人

20代以降は今まで体験してこなかった様々な出来事が起こります。初めての体験ですので一体どうしたら分からなくて悩むこともたくさんあります。

【出産祝い】もそのひとつ。

とてもおめでたいことですのでぜひ祝ってあげたい!そんな方がほとんどでしょうが、実際にどうしたらいいのかわからない。相場がわからない。そんな方もたくさんいらっしゃいます。みなさんは出産祝いの相場ってどのくらいかご存知でしょうか?

この記事ではお子さんの生まれた兄弟や友人を気持ちよくお祝いしてあげるために必要な知識について解説していきます。ぜひしっかりと読んで頂き、お祝いをしてあげてくださいね。

それではまず基本的な知識から知っていきましょう。

出産祝いのマナー

何事にもマナーを重んじるのが日本人です。もちろん出産祝いにも正しいマナーというものがありますのでまずは正しい出産祝いの贈り方から知っておきましょう。一つ一つ解説していきますので安心してくださいね。

出産祝い タイミングの良い時期

まず友人や兄弟などの知り合いにお子さんが生まれた場合に出産祝いはどのタイミングで渡すのがいいのでしょうか?

基本的はお七夜(生後7日)~1か月までが出産祝いを贈るのに適した時期とされています。

お宮参りを済ませると出産祝いのお返しをするのが一般的ですので、それまでに贈ることで相手に手間がかからないようにできますよ。

タイミングを逃したら?

もし、時期を逃してしまっても半年以内なら出産祝いとして贈り物をしても大丈夫です。

1年を過ぎてしまうと出産祝いはまずいので、誕生日祝いにしてあげるのが良いですよ。

何をプレゼントすれば喜ばれるのか?

こんなプレゼントが喜ばれるよっ!

基本的な例を挙げていくと

  1. 現金
  2. 商品券
  3. 実用的な品物

の3つです。基本的にどれをあげてもいいので、その人や家族にとって何が一番喜ばれるのかを考えて贈りましょう。

1.現金

まず現金を渡す場合のマナーですがのし袋をきちんと用意し【表書】には御祝や御出産祝などが適切です。名前はフルネームで職場で贈るなら~~一同という形にしましょう。中袋がついているのなら金壱万円などの金額や裏にはあなたの住所、名前もお忘れなく。

またお祝いの気持ちを込めたメッセージなどを添えてあげるとなお良しです。

2.商品券

基本的には現金と同じような渡し方で問題ありません。

3.実用的な品物

ベビー服やおむつ、よだれかけなどが一般的です。友人や兄弟の場合、直接相談してあげると相手が何を欲しいか分かりますので相談するのも問題ありません。それより全く要らないものをあげてしまう方が問題です。

実際にもらって嬉しいものランキング

知り合いや職場の女性陣に調査を行いママさんが実際にもらって嬉しかった出産祝いを調べてみました。ベスト5は以下のようになっています。

  1. 現金
  2. よだれかけ
  3. 大き目のベビー服
  4. おむつ
  5. ブランケット

もちろん個人差はあると思いますが実際に出産経験のある女性の意見ですのでかなり信憑性がもてます。とりあえずこの5つの中から選んであげると間違いないということですね!

個人的にやはりおすすめは現金です。相手が必要なものを買えますし、失敗がありません。またあとで解説していきますが【出産祝い内祝い】というお返しをしないといけないのでその際にももらったものが現金だと助かるし、スムーズという意見も多かったです。

出産祝いのよくある失敗

その1.病院や自宅に急に押しかける

祝ってあげたい気持ちは分かりますが相手の都合を第一に考えなければいけません。急に押しかけてしまうと間違いなく迷惑です。まずはお祝いをしたいという連絡をとり、相手の都合に合わせて日時を決めるようにしましょう。

また基本的に病院へ行くのもかなり親しい仲でなければあまりおすすめしません。兄弟や友人であっても事前に確認をとり、相手から来てほしいなどと言われればうかがうようにしましょう。

要らないプレゼント

これもよく聞く失敗です。代表的なものをあげておくとジャストサイズの服です。赤ちゃんはすぐ大きくなってしまうのでジャストサイズだとすぐに着れなくなってしまいます。ベビー服は大変喜ばれるプレゼントなのですが、少し大き目のものをあげるのが基本ですよ。

また遊具などかなり大きなものも相手を困らせてしまいます。ましてや相談もなしも持ってこられるとかなり迷惑です。どうしてもそういった物をプレゼントしたい場合は相手に必ず確認を取りましょう。

大事なことですのでもう一度説明しておきますが、自分が何をあげたいか?ではなく相手が何を欲しいのかを考えるのが基本です。

高額なプレゼント

あまりに高額なお祝いは相手を困らせてしまいますよ。またお返しのときにもかなり大変です。あくまで祝ってあげる気持ちを大切にし、相場も意識してプレゼントしてあげると一番喜ばれるのではないでしょうか。

出産祝いの相場について

実は出産祝いに具体的な相場の決まりはありません。ですのでみなさん悩むのですね。

『金額にこだわらずに祝ってあげる気持ちが大切』などの声もよく聞かれますが、やはり世間的な相場はしっておく必要があります。一般的に相場とされている金額をまとめてみました。

  • 兄弟 … 1~3万円
  • 友人 … 5千~1万円
  • 親戚 … 5千~1万円
  • 職場の同僚 … 3千~5千円

このような金額が相場のようですね。それではもう少し詳しく解説していきます。

兄弟への出産祝い

出産祝いは親密な関係の相手になるほど金額が高くなるのが一般的です。結婚式などもそうですよね。兄弟の場合、血のつながった中ですので友人よりは金額を増やし、1~3万円が相場です。気も知れた仲だとおもいますので事前に何が欲しいか聞いてもいいと思います。

ちなみに現金と品物を両方プレゼントすることも問題ありません。その場合は兄弟の場合、現金と品物を1万5千円ずつで半々にしてあげるのが適切かと思います。

友人への出産祝い

友人に出産祝いを贈ることが一番機会が多いはずですが、このときに一番気を使わなくてはいけないのが金額です。

ちょっと表現が悪くて申し訳ないのですが、人により生活水準や所得は様々です。もし、あなたが10万円もするような出産祝いを贈ってしまったら相手も相当額のお返しをしなければいけません。もちろんしなければいけないというルールはないのですが、『しなければ!』という気持ちにさせてしまいます。

経済的負担を与えてしまうことにもなりかねませんので、相場はきちんと把握し友人であれば5千円~1万円くらいで用意してあげましょう。友人の関係を崩さないためにも大切なことです。

職場の同僚や上司、部下

こういった方々にお祝いをあげる場合には少し金額が少なくてもいいようです。多くの場合はみんなで一つのプレゼントをすることが一般的ですね。

部下や上司に個人的にお祝いを贈る場合も相場は一緒です。かなりお世話になっている人なら1万円くらいまで金額をあげてもいいかもしれませんね。注意点としては金額はできるだけ一律にしておいた方がいいです。

誰かには5千円、また違う誰かには1万円となってしまうとよく思われないこともありますのでよほどお世話になっていない限り金額は一律にしておきましょう。

出産祝いの疑問

出産祝いについてよくある疑問について答えをまとめておきます。もし、こんなことに悩んだらまたこの記事を見返してもらえるといいかと思います。

配送でもOK?

やはり直接渡さないと…と思ってらっしゃる方が多いはずですが、忙しい方や予定が合わない方など配送によって出産祝いを届けても失礼にはあたりません。

むしろ、わざわざありがとうと感謝されることさえあります。配送した際にはその旨も相手には事前に連絡しておきましょうね。

双子の場合

お子さんが双子だった場合どうすればいいのでしょうか?

この場合一般的には1.5倍増しくらいでお祝いをするのが相場のようです。もちろん2倍でも問題はありませんが、そうなるとお返しの額も増えるので相手の負担も大きくなります。

このような理由から1.5倍が一般的なのでしょう。

2人目や3人目の場合

お子さんが2人目や3人目の場合、金額はどうすればいいのか?

これも悩ましい問題ですね。このことにおいて決まりやルールというものは特にないのが現状です。

ただ一人目や二人目というのに関係なく金額は一律に揃えておいた方がベストです。なぜならその方にとっては一人目とか二人目ということは関係なく全員同じ大切なお子さんだからです。金額に差をつけるのは好ましくありませんね。

一人目の時に1万円をあげたなら2人目や3人目の時も1万円にしてあげましょう。

20代、30代、40代など年代別での金額は

年代によっても少し出産祝いの相場も変わってくるようです。

20代~30代なら上記で説明させていただいた金額が相場となりますのでその範囲内で問題ありません。40代以降になると相場が少し上がる傾向にあるようです。

これは社会的な立場の向上や後輩へ贈ることが多くなるからですね。

知人への出産祝いを例にすると…

  • 20~30代 … 5千円
  • 40代~ … 1万円

のような感じになります。相場はあくまでも相場ですので自分の立場や相手との関係性を大切にしながら額面を決めることも大切です。

甥っ子、姪っ子、友人の子供や孫への出産祝いは?

おばあちゃんやおじいちゃん、おじ、おばちゃんの悩みも解消します!

こういった場合は日ごろの付き合いなども考慮しなくてはいけません。

甥っ子や姪っ子の場合、そのご家族と普段から付き合いがあるのなら5千円、全く付き合いがないのならあげなくても問題ありません。

の場合は相場は決まっていませんがベビーベッドなど必要なもので、少し高額のものを祖父母が購入してあげるいうケースが多いようです。ご自身の娘、息子さんと話し合って決めるのが一番だと思います。

友人の子供さんの場合は5千~1万円が妥当です。あなたと相手の関係性を考えながら決めましょう。

出産内祝い(お返し)について

一応、お返しについての知識も知っておきましょう。自分が出産したときにも参考になります。

出産祝いを頂いたお礼に品物などをお返しするもので、基本的に頂いた分の1/2(1万円頂いたなら5千円相当)をお返しするのが一般的です。地域によって1/3の場合もあるようですが基本的には1/2と覚えておきましょう。

ですので総額で20万円分お祝い頂いたなら10万円分お返ししないといけないのです。あげる側はいいですがもらう側は大変ですよね。高額なものが良くないとされるのもこのようなことからなのです。

出産祝いプレゼントランキング

現金が嬉しいのは分かったけどなんか味気ないな。

そんな方もいるでしょう。そんな方の為にもらって喜ばれる出産祝い品をランキング形式でご紹介していきます。通販などもできますのでぜひチェックしておいて下さいね。

MARLMARL(マールマール) おむつバスケット

marlmarl おむつバスケット

おすすめ第一位はこのおむつバスケット。マールマールはママ達からの【こんなものがあったら嬉しいな】という意見から生まれたブランドですので絶対にはずすことがありません。見てもらえれば分かるのですがかなりデザイン性も高く贈り物としては最高でしょう。

ベビーギフトにはおむつとお花、よだれかけがセットになっており可愛く包装もされているのでプレゼントに最適と言えます。

出産祝いでおむつケーキをもらって、嬉しかった!ただ、おむつケーキは使い切ると何も残らない場合も。
マールマールのものは、よだれかけとドライフラワー、バスケット付き。思い出を手元に残せるのもいいなと思います

引用元:http://marlmarl.com/lap/babypanier/

実用的ですし、デザイン性も高いマールマールで素敵な贈り物をしましょう。

公式サイトでさらに詳しくカタログなど見ていただくことができます。

MARLMARL公式サイト

napnap 抱っこひも

napnap 抱っこひも

こちらも有名なベビー用品メーカーです。抱っこひもって意外と高いんですよね。でも赤ちゃんに触れるものですからこだわりたい部分でもあります。

そんな方に抱っこひもはプレゼントとして喜ばれるのではないでしょうか?

一人目の時は他メーカーの抱っこ紐でしたが、肩だけに負担がかかるタイプで長時間使う事ができず、結局使わなくなってしました。二人目が産まれて今回は使 う機会も増えると思いnapnapを購入しました。腰ベルトで負担が分散されて長時間使っても疲れにくくてびっくりしました。上の子を連れて買い物に行く 時はポケットが付いているのでお財布とケータイだけ入れて行けるのがとても便利です。新生児の時から使っていますが、首が座ったのでこれからはおんぶが楽 しみです。

引用元:http://www.napnap.co.jp/hpgen/HPB/categories/15724.html

疲れにくいというのはママさんにとっても嬉しいですよね。こちらもプレゼントとしてかなりおすすめです。

公式サイトよりチェックしてください。

napnap 公式サイト

スウィートマミー 授乳服

スウィートマミー 授乳服

マタニティウエア専門店のスウィートマミー。授乳服は芸能人なども愛用していることで有名です。授乳服とは思えないファッション性がポイントです。

実際にママさんの意見を取り入れて開発されているので…

妊娠中にひとめぼれした授乳ケープ!母乳が出るのを確認して即ベージュストライプを購入しました。ベージュ部分は落ち着いた色味で汚れも目立たなさそう。いい具合にレースが可愛さをプラスしています。授乳していてもそれほど目立たなさそうな色なので買って正解でした!

引用元:http://www.sweet-mommy.com/SHOP/sp5019.html

などママさん達からも好評です。やはりデザインはおしゃれな方がいいですからね!

公式サイトも見てみましょう。

スウィートマミー 公式サイト

どれも素敵でママさんに喜ばれるものばかりだと思います。ぜひ参考にして気持ちのこもった贈り物をしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?ただしい出産祝いの知識は身に付きましたか?

やはりどんなことにもマナーは大切です。気持ちだけが空回りしないように気をつけてくださいね。

もう一度相場と喜ばれるプレゼントをまとめていきます。

相場

  • 兄弟 … 1~3万円
  • 友人 … 5千~1万円
  • 親戚 … 5千~1万円
  • 職場の同僚 … 3千~5千円

喜ばれるプレゼント

  • 現金
  • よだれかけ
  • 大き目のベビー服
  • おむつ
  • ブランケット

適切なお祝いをしてあげると必ず相手も喜んでくれます。あなたがお祝いされる立場になった時の為にも出産祝いについては理解を深めておきましょう。

気持ちを込めたお祝いをし、相手も自分も気持ちよく喜べたらいいですね。