入社式のスーツの色に悩むあなたへ!男女別の着こなしまとめ

入社式をひかえたみなさん【スーツの色】にお悩みではないでしょうか?

これから社会人としての生活をスタートさせるにあたっての第一歩としてとても重要な式典ですよね。失敗するわけにはいきません。

気持ちの良いスタートを切るためにもまずは服装からきちんとしていきましょう。

しかし、スーツ選びってなかなか難しいですよね。色やデザインもたくさんありますし、新人だからあまり目立つのも…。なんて方もいらっしゃるはずです。私もかなり悩んだポイントですね。

今回はそんな悩ましい入社式のスーツの色問題について記事にしていきます。男性、女性を問わずカッコよく服装を決められるようにぜひ参考にしてみて下さいね。

スーツは何色がいい?

ビジネススーツといっても様々な種類と色があります。基本はダークカラーのものを着用するのが一般的です。スーツの色により若干ですが印象などが変わってきます。

新社会人が着用しやすいものとしては以下の3色があげられます。

  • グレー

この3色が定番です。色により若干、印象も異なりますので簡単に説明していきます。

定番中の定番です。やはり黒という色はフォーマルな色ですのでこういった式典などの場には適しています。

他の新入社員も多くがスーツは黒でしょう。あまり目立ちたくないのであればスーツは黒色がおすすめです。

汚れが目立ちやすい色ですので手入れはしっかりしておき、シワなどもないようにしておかないといけません。

こちらも定番です。黒より若々しく爽やかな印象を与える色ですので新入社員に向いていると言えます。

黒と紺(ネイビー)2色持っておくと着まわしもでき、おすすめです。

爽やかな色のネクタイなどと組み合わせるとさらに好印象なイメージですので小物などにも気を使いましょう。

グレー

3色の中では一番カジュアルな印象の色です。職種や職場の雰囲気によりスーツは適した色がありますので比較的オフィスカジュアル的な雰囲気の職場ならグレーでも問題ないでしょう。

最近、そういった会社も増えていますのでグレーのスーツの人気は高まっています。

ストライプ

ストライプの入ったスーツはどうなのでしょうか?

結論からいくと問題ありません。

黒、紺、グレーどのスーツとも相性が良く使いやすい柄です。

しかし、あまりに目立つストライプ(派手な色やストライプの太いもの)は控えておくのが無難だと思います。

ストライプのスーツをうまく着こなせると他の新入社員に差をつけれますね。少し上級ですが一着は持っておきたいスーツのひとつと言えます。

シャツの色も大切

シャツの色も大切です。やはり爽やかに見える色にするべきですね。

男性なら白一択でしょう。オフホワイト(ちょっと黄色味がかった白)よりは真っ白のシャツの方が印象がいいですよ。

襟にラインや刺繍など少しデザインの入ったシャツなども個性が出せていいですね!もちろん派手すぎは禁物です。

女性は白の他、パステル、ソフトな色味のピンクやブルーでもいいと思います。パステルなどの色を選ぶ事により、さらに女性らしく見えやすくなりますので私なら白よりは薄い色を選ぶでしょう。

もちろん白でも全く問題ありません。

ネクタイのおすすめ色

男性ならネクタイにはとにかくこだわりましょう。ネクタイって実はかなり見られています。毎日同じネクタイでは印象が悪くなりますので最低でも3本くらいは持っておきたいですね。

スーツとの相性を見て選ぶ事がとても大切な小物です。

新社会人なら先ほども説明しましたがスーツの色は恐らく【黒、紺、グレー】のどれかだと思いますのでこれに合うデザインや色を選ぶ必要があります。

これらの色には基本的に無地か柄の小さいものが相性が良いです。

ネクタイの色は

  • ワインレッド
  • グレー

などが相性が良いと思います。黄色などもいいのですがちょっと目立ちすぎる為、それは職場に慣れてきてから挑戦するのがおすすめです。

新入社員のスーツ値段はどのくらい?

スーツの相場は本当に様々で、ブランドによっても値段は大きく変わります。

おすすめとしては3〜5万円のものがおすすめです。一番無難ということですね。

いきなり10万もするようなブランドスーツはハードルが高すぎますし、周りにもちょっとひかれてしまいます。

高級スーツは仕事に慣れてきてからでも遅くないので入社式などで着るのであれば3〜5万円がベストかと思います。

5、6万円もあればそこそこのスーツを3着くらい買えますので着まわしにも困りません。

ただ、これはあくまで私の意見ですので自分が気に入ったものを買うのがおすすめですよ。

入社式のスーツの色 男性編

男性はやはりビシっとカッコよくスーツも着こなしたいものです。社会人になるとスーツの着こなしや小物で【人となり】を判断されたりします。

新入社員のうちからスーツはきちんと着こなしたいですね。

基本的には色は上記で解説したように

  • グレー

です。ポイントとして大事なのはサイズ感です。

最近は【足長スーツ】などスタイリッシュに見えるデザインのスーツが人気です。少し細身で足が長く、全体の印象もスマートに見えるスーツが特におすすめですよ。

シャツやネクタイの色も上記の通りです。上手くスーツに合うものを選んで下さい。【スーツの青山】などですと小物の配色なども提案してくれます。

分からなければ店員さんにお任せしてみるのもアリです。

靴にもこだわろう

社会人としてのキャリアやステータスが上がっていくほど【靴】は大事になります。

例えば、接客業のお仕事をされている方などが相手をどんな人なのか判断する時は、まずどこを見るかというと靴なのです。どんな靴を履いているかを見ればその方の生活が分かるのです。

それだけ靴は大事なので常にキレイにしておく必要があります。

茶色だと少しカジュアルなので定番ですが黒が新社会人にはいいかと思います。定期的に磨くようにし、常にキレイにしておくこともお忘れなく。

入社式のスーツの色 女性編

女性のスーツも爽やかさが大事です。男性よりは少し色味のバリエーションが増えますが基本はちゃんとして見える事が大切です。

色に関しても男性と同じ【黒、紺、グレー】が基本です。

インナーはシャツかブラウスが基本

スーツのインナーにも気を使いましょう。男性と同じですね。

色は先ほども解説しましたが白かパステル調の優しい色味がベストです。ネクタイがないのでシャツに少し色を使ってもいいかも知れませんね。

男女共通ですが、アイロンがけなどしっかり行いシワのないようにしておきましょう。シワシワのシャツを着ているだけで印象は悪くなります。

パンツ or スカート

女性の場合、ボトムスはパンツかスカートの2種類です。これも男性同様、タイトなものの方がスマートに見えます。特にスカートは丈にも気をつけましょうね。

職種により多少、裾の広がったフレアタイプでもいいのですが無難にいくのならタイトなものが一番です。

靴はパンプスがベスト

靴は男性同様、常にキレイにしておくように意識して下さい。またカツカツ音を立てながら歩くのはよくありません。

素材的に音が鳴りやすい場合は自分の歩き方に気をつけましょう。他人にはすごく不快な音です。注意される前に相手のことを気づかい対策するのがスマートでカッコイイ大人というものです。

入社式のスーツの色 疑問編

よくある質問や疑問点についてまとめていきます。みなさん疑問に思われている事だと思いますので是非参考にしてみて下さいね。

ディズニーランドのキャストは?

ネットでたくさん質問が寄せられています。ディズニーランドの入社式は他の企業に比べて少しラフでもOKなようです。

元キャストの方もおっしゃっているので間違いないでしょう。

白シャツにキレイめなパンツというオフィスカジュアルで大丈夫との情報です。

一応ブレザーもあると安心ですね。

ブランド物はOK?

ブランド物のスーツ、ネクタイ、シューズはどうなのでしょう。

結論、問題はありませんが無難にいくのなら入社式や始めのうちは控えておきましょう。

一目置かれる存在になれることもありますが、中にはよくない目で見てくる人もいます。初対面で中身を知らない人同士なら余計にそうです。

ブランド物はある程度、慣れてきてからの方がおすすめですよ。

リクルートスーツでもよいのか?

これもよくある疑問です。答えはリクルートスーツでもOKです。

ただし、気持ちを切り替えるという意味でも新しいものを買うのがいいのではないでしょうか。いつまでもリクルートスーツを使うわけにはいきませんからね。

ただ、入社式だけはリクルートスーツを着て行くという方はたくさんいらっしゃるので式典の雰囲気にあっていれば問題ナシです。

髪型も大切

髪型も大切な要素です。色は間違いなく【黒】ですね。

面接の時に黒髪だったのに入社式にいきなり茶髪で行くのはどうかと思います。

男性ならショートが基本で、前髪や襟足はながすぎないようにしましょう。ワックスも多少は使いましょう。最近では身だしなみの一環として整髪料を使うように指導されることもあります。

また短すぎるのもよくありません。特に営業職の方はボウズは絶対にダメです。怖いですからね。

女性なら肩より下ならポニーテールです。あまり上でくくらないようにし、落ち着いた印象にしていきましょう。顔に毛がかかりすぎるのもダメです。ピンを使って止めるようにして下さい。

髪型はあくまでシンプルを心がけ、コテなどで巻く場合も毛先のみの自然な内巻きなどにしておくのが好印象です。

色による印象の違い

最後に色による印象の違いを解説しておきます。スーツを着こなす為に少しは知っておいた方が良いので覚えておきましょう。

青系

見る人を落ち着かせる効果があり、清潔感、知的な印象を与えるので新社会人にはぴったりの色かと思います。紺のスーツや青いネクタイがおすすめの理由もコレに基づいています。

赤系

目立つ色ですので相手の興味を引きつけやすくなります。大事な仕事の日には赤系のネクタイがおすすめ。

ただし、鮮やかすぎる赤はチャラい印象を与えてしまうのでワインレッドやボルドーなど落ち着いた赤をチョイスしましょう。

黄色

オシャレな印象ですが、赤と同じくチャラい印象も与えてしまいます。

上手く使うには柄と組み合わせることが効果的でドット、ストライプ。そして、紺など落ち着いた色の柄が入っているデザインなら黄色のネクタイもアリなのでは思います。

まとめ

いかがでしたか?

入社式のスーツスタイルの参考になったでしょうか。やはり社会人といえばビシッとスーツを着こなしたいですよね。まだまだ新人ですが慣れていくほどに色やデザインも色々挑戦していけばいいのではないでしょうか?

大事な社会人1日目を気持ちよくスタートし、充実した新生活を送りましょう。学生の時よりもさらにたくさんの経験が待っています。頑張ってカッコイイ大人になりましょうね。

あなたの未来にたくさんのハッピーがありますように。