透明でサラサラな鼻水が止まらない人に贈る原因と対策方法

鼻水 止まらない 透明

サラサラしていて透明な鼻水が止まらなくて困ってはいませんか?

ティッシュが手放せず、鼻を何回もかまないといけないので鼻が赤くなったりして恥ずかしい思いをしますよね。

でもいつの間にかツーっと垂れてきてくるので油断できません。。彼氏や彼女の前でなってしまったらそれはもう悲劇です。どうにかしたいですね!

こんな辛い鼻水の症状は原因と対策についての知識を深めることで適切に対処することができます。何も難しいことではありません。

一つ一つ分かりやすく説明していきますので是非、しっかりと読んで頂いて一緒に悩みを解決していきましょう。

鼻水が止まらない原因とは?

なぜ鼻水は止まらなくなるのでしょうか。実は原因は大きく分けると3つに分類されます。

  1. 体温を調節するため
  2. 乾燥から体を守るため
  3. アレルギー反応や風邪ウイルスへ対抗するため

これらが主な原因なのです。一つ一つ詳しく見ていきます。

1.体温調節

鼻水で体温調節?と思いかもしれませんがそうなのです。人間の体は空気を吸い込む時になるべく暖めた空気を取り入れ体を冷やさないようになっています。

寒い所にいると鼻水が止まらなくなりませんか?

冷たい空気を吸い込む時に体は鼻の血管を拡張させたくさん血液が集まるようにします。これにより鼻腔内の温度が高まり、吸い込んだ空気を温めます。

しかし、血行がよくなるという事は鼻水を生成する器官も活動が活性化するという事です。

これが寒い所にいると鼻水が止まらなくなってしまう原因なのです。

2.乾燥から体を守る

これも体温調節と似た現象ですが、空気を吸い込む際に乾いた空気だと気管を痛めてしまう恐れがある為、空気を湿らせる必要があります。

ですので当たり前ですか、口内や鼻腔内は湿っていますよね?空気がここを通る過程で加湿されるのです。

人それぞれ加湿センサーには個人差があり、センサーが敏感な方はより湿らせようと鼻水が大量に出てしまうのです。

また赤ちゃんもこのセンサーは敏感ですのでたくさん鼻水がでます。

正常な大人だと平均1日1リットルの鼻水が出ています。ちょっと気持ち悪い話ですがほとんどが喉の方へ流れ鼻をかむ必要はありません。

平常時を超え、体温調節の必要が出た場合に鼻水は止まらなくなってしまうのです。

3.花粉などのアレルギー反応や風邪ウイルスに対抗するため

体内にこれらの異物が入ってきた時、体は様々な方法でこれを体外に出そうとします。鼻水もそれの一つです。

ですので風邪の時に鼻水を止めるのは本当は良くなく、全て出し切った方がいいと言えますね。

アレルギーに関しては体が害のないものを間違って拒否する反応ですのでこの反応を止める事で鼻水も止めることが可能になります。

辛いものを食べると鼻水が止まらないのは事実?

辛いものを食べると体温調節と異物への対抗するという2つの反応が出ますので鼻水が止まらなくなります。

トウガラシのカプサイシンなどで上がった体温を冷やすため、また香辛料を体外に出そうと体が反応します。特に問題がある事ではありませんのでご安心ください。

なぜサラサラ透明な鼻水が急に出るのか

これは2つの原因が挙げられます。

  1. 花粉症などのアレルギー性鼻炎
  2. 初期の風邪による鼻炎

こちらも一つ一つ詳しく説明していきます。

花粉症などのアレルギー性鼻炎

花粉症の他にもダニやハウスダストが考えられますね。こういった鼻炎を通年性アレルギー性鼻炎と呼びます。

寝起きなどに症状がひどくなりますので長年この病気と付き合われている方はお分かりかと思います。

アレルギー物質を体外へ洗い流すため、水っぽくサラサラした透明な鼻水になります。

この鼻水は涙と同じ成分です。花粉症の人は鼻、目と大量に水分を消費することになりますのでこまめな水分補給も大切ですよ。

風邪の初期症状

風邪のひき始めもサラサラした透明な鼻水が出ます。原因はアレルギー性鼻炎と同じで風邪のウイルスを体の外へ洗い流そうとする反応です。

アレルギー性鼻炎との違いは時間に関係なく出てくる事と、発熱や体のダルさ、間接の痛みなどを伴いますのでここで判断して下さい。

また症状が悪化するにつれ、次第に鼻水はネバネバした質感に変わっていきます。

鼻水 止める 薬

くしゃみや頭痛がするのは寒暖差アレルギーの疑い

寒暖差アレルギーとは名前の通りですが急激な温度変化にカラダがついていけなくなった結果、自律神経に異常が出て様々な体調不良が起こるアレルギーです。

鼻水が止まらない、鼻づまりの他に頭痛やくしゃみなどの症状にお悩みなのであれば寒暖差アレルギーかもしれません。

対策としては一番手軽で効果があるのはマスクです。口と鼻をマスクで保護することにより急激な温度変化をなくすことができるのです。一度実践してみて下さいね。

ネバネバした鼻水は??

逆にネバネバした鼻水の経験もあるかと思います。サラサラタイプの鼻水とは一体何が違うのでしょう。ネバネバ鼻水になってしなう2つの原因を紹介しておきます。

  1. 完全な風邪状態
  2. 蓄膿症【副鼻腔炎】

の2つが原因と考えられます。

風邪状態の鼻水はネバネバ

ひきはじめだった時はサラサラしていた鼻水が完全な風邪となるとネバネバした質感に変わっていきます。これは体の免疫が働き、風邪のウイルスと戦っている証拠です。

リンパ球とウイルスがお互いを攻撃していき、この死骸といえるのがネバネバの正体です。さらに進行すると鼻水に黄色く色がつきます。

蓄膿症【副鼻腔炎】

この病気も鼻の中にたまった膿がでますので、黄色くてネバネバした鼻水になります。

蓄膿症は風邪がもとで起こりやすい鼻の病気です。1週間以上黄色くてドロッとした鼻水が続くようなら耳鼻科を受診してみることをおすすめします。

片方の鼻だけに異常を起こす原因と病気

鼻水や鼻づまりが片方の鼻だけに起こるという方がたまにいらっしゃいます。基本的にまだそのメカニズムは解明されていないのですが、片方の鼻だけつまったり、鼻水が止まらなくなってしまう病気がありますので紹介しておきます。参考にしてみて下さい。

  1. 副鼻腔炎
  2. 鼻中隔湾曲症
  3. 歯性上顎洞炎

さきほど説明した副鼻腔炎も原因の一つです。基本的には両方の鼻に症状が出ますが、まれに片方に集中して起こることもあります。放置しておくと鼻の粘膜に異常をきたし、鼻茸と呼ばれる水泡ができます。

ひどい場合には完全に鼻を塞いでしまったり、鼻から飛び出してくることもありますので早めの対処が大切です。

鼻中隔湾曲症

基本的に鼻は左右対称ではありません。当たり前ですが狭い方の鼻はつまりやすいです。

特別な病気という訳ではなく、みなさん左右の鼻の大きさは違います。この鼻の歪みが原因で鼻水に悩んでいる人は実はかなり多いのです。

これに加えて、風邪やアレルギー性鼻炎を併発するとさらに症状は悪化してしまい、片方の鼻だけつまる、鼻水が止まらないといった事になるのです。

歯性上顎洞炎

実は歯の根元から上顎洞まではほとんど距離がありませんので歯の炎症がすぐに鼻にまで及んでしまいます。嫌な臭いがしたり、鼻の奥や目の裏あたりが痛くなるので異常と気付くはずです。

この場合もすぐに病院へ行きましょうね。

治し方、対処、対策方法について

  1. 体調管理
  2. 対策グッズ

が主な治し方や対策として挙げられます。一つ一つ説明していきます。

体調管理

これは主に風邪に対してですが、とにかく体に気を使い体調管理をしっかりとしましょう。

  • 身体を冷やさない
  • 栄養のあるものを食べる
  • 睡眠をしっかりとる

などに気をつけることで風邪は防ぐことができます。サラサラな鼻水のうちは体調管理に気を配るだけですぐに治すことができますので安静にして体をいたわるようにしましょう。

予防や対策グッズ

こちらは主に花粉症などのアレルギー性鼻炎に対するものです。

様々な対策グッズが発売されていますのでこういったアイテムを活用してアレルギー物質が体内に入らないようにすることが予防につながります。みなさんもよく知っているマスクやスプレーなどです。

対策グッズについては『花粉対策グッズを探そう!口コミで人気のアイテムベスト20』で詳しく解説しています。ぜひ参考にして下さいね。

それでもダメなら薬を飲むのが一番手軽に治せる方法です。注意してほしいのはあなたが何が原因で鼻水が止まらないのかをきちんと理解しておく必要があります。アレルギー性鼻炎の方がいくら風邪の総合感冒薬を飲んでも良くはなりません。

鼻水を止める薬については『鼻水は薬で止める!花粉や風邪に効く鼻炎薬ランキングベスト10』で紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?

大切な事ですのでもう一度説明させて頂きますがサラサラ透明な鼻水の大きな原因は

  • 風邪によるもの
  • アレルギー性鼻炎によるもの

の2タイプがあり、それぞれに応じた適切な対処をしていく必要があります。

あなたはどちらのタイプか分かりましたか?私も鼻炎がひどい人間の一人です。なかなかすぐに止めることは難しいですが、少しでも楽になれるようこの記事がお役に立てば幸いです。

【完全版】鼻水を止める方法の総まとめ記事【鼻水を止める方法総まとめ!花粉症や風邪に効く6つの対処法】も参考にして下さいね。