縮毛矯正とストレートパーマの違いは?美容師が教える4つの違い

ストレートヘア 女性

みなさん、いきなりなのですが【縮毛矯正とストパー】何が違うのか答えられますか?

実は○○が違うんです。。

気になるかたはぜひこの記事をきっかりと読んでみて下さい。みなさんの中にも一回はストレートパーマや縮毛矯正をしたことがある人が多いのではないでしょうか?もちろん私もしたことがあります。でも何が違うのかまでは考えたことなかったですね。。

そこでおなじみの美容師友達に徹底リサーチをし、両者は何が違うのかをはっきりさせてきました。実は間違った話が流れていることもあるそうなので美容師としてもみなさんには気をつけて欲しいとのことでした。

では素人だからこそみなさんにも分かりやすく説明していくことを心がけて解説していきますのでよろしくお願いします。

ではまず基本知識から知っていきましょう。ここからは美容師と私の対談方式で解説させて頂きますね。

美容師
ストレートと縮毛矯正の違いを分かりやすく解説しますね!
お願いします!

ストレートパーマについて

美容師:(以下 美)『ストレートパーマも基本的にパーマの仲間なので理論というか、原理はパーマと同じです。パーマしたことはありますか??』

私:『はい。あります。』

美:『ロッドという筒状のものに髪を巻き付けてパーマをしたと思うのですが、あれはクルクル巻き付けてパーマを当てるのでクルクルした形にパーマが当たります。対してストレートパーマは真っすぐの状態でパーマを当てるので真っすぐに仕上がります。パーマとストレートパーマの違いは巻くか巻かないかだけなんですよ。

薬液の違い

私:『でもストレートの時はクリームみたいな薬剤で普通のパーマの時は液体の薬剤でした。違いはあるのでしょうか??』

美:『すごく良く見て頂いていますね!薬剤の成分自体、構造はほとんど同じです。しかし、ストレートパーマの薬が液体だったらどう思いますか?』

私:『うーん…なんだかポタポタ垂れてしまいそうですね。』

美:『そうなんです。ポタポタ流れてしまうとお客様が不愉快ですし、衣服が汚れてしまう可能性もありますのでクリーム状になっています。対して普通のパーマ液は巻いた上からつけても中までしっかりと浸透するように液状なんですよ。

縮毛矯正について

私:『縮毛矯正ってストレートアイロンを使うやつですよね!』

美:『そうです!考え方としてはストレートパーマ+ストレートアイロン=縮毛矯正と思って頂ければいいかと思います。』

私:『ということはそれほど違いはないということですか??』

美:『熱処理をするのとしないのではかなり違いがあるんです。矯正と名前がつくくらいですからストレートで髪を固定してしまうのが縮毛矯正です。ストレートアイロンやブローの熱により、たんぱく変性という化学変化を髪に起こしてストレートの形状を半永久的に記憶させるのです。』

私:『ちょっと難しいですね…笑』

美:『すみません笑。一般のみなさんは【より効果の高いストレート技術が縮毛矯正】と思っておいて頂ければ大丈夫ですよ。』

たんぱく変性とは?

みなさんの身近なものにもたんぱく変性の原理は利用されています。一番ポピュラーなものは【ゆで卵】ですね。生卵に熱を加えると固まってゆで卵になります。これがたんぱく変性です。

縮毛矯正・ストレートパーマの違いを比較

美容師
ストレートパーマと縮毛矯正には以下のような4つの違いがあります。
  1. アイロンするか、しないか
  2. 効果の違い
  3. 値段の違い
  4. 施術時間の違い

アイロン(ブロー)するか、しないか

美:『先ほども解説しましたがストレートパーマでは熱処理はしません。アイロンやブローをした瞬間にそれは縮毛矯正です。

私:『昔、ストレートアイロンの温度の違いって教えられたことがありました。笑』

美:『美容師によっても見解が変わることもあるようです。ただ、ストレートアイロンの温度が130℃だったとしても180℃だったとしても髪の中でたんぱく変性が起こるということに変わりはないので温度はあまり関係ないですね!

効果の違い

私:『やはり効果も違うのでしょうか?』

美:そうですね!ストレートのもちが違います。ストレートパーマは薬剤でクセを伸ばしているだけですので2ヵ月ほどでくせが戻ってきます。これに対して縮毛矯正はストレートアイロンの熱で固定するので半永久的に持続します。

私:『ということは1回縮毛矯正をすればもうずっとストレートということですか?』

美:『完璧に伸ばせればそうですね!ただし、根本から新しく生えてくる髪はクセ毛のままですので定期的にはリタッチ(根本の縮毛矯正)が必要になります。』

値段の違い

美:『料金も違いますよ!ほとんどの美容室がストレートパーマより縮毛矯正の方が値段が高いです。ちなみに私のお店ではストレートパーマが12,000円、縮毛矯正が16,000円です。』

私:『ストレートアイロンをする分、値段も高くなるという事ですね!』

美:『やはり効果も高い分、料金も高くなるんです。』

施術時間の違い

美:『最後は時間の違いですね。』

私:『ストレートアイロンの時間分、縮毛矯正の方が長くなりますよね!』

美:『そうです!縮毛矯正は基本的2~3時間ほど時間がかかります。クセがかなり強い方はもう少し長くなることもありますので時間には余裕を持ってお越しください。私たちも全速力で日々施術させて頂いております。』

私:『ストレートパーマはどれくらいかかりますか?』

美:『後から解説しますがストレートパーマには種類が色々ありまして、時間が異なります。全体のクセを伸ばすのであれば2時間前後をみておいてください。』

どっちが傷む?

私:『ストレートと縮毛矯正。どちらの方が髪にダメージが出てしまうのでしょうか?』

美:『これはなかなか難しい問題です。美容師のレベルにもよりますし、お客様の髪の状態にもよりますが厳密には縮毛矯正の方が負担はかかります。薬剤+アイロンでの熱ダメージがありますからね。

私:『ということは、傷めたくないのならストレートパーマの方が良いという事ですか?』

美:『いいえ。これも一概にそうとは言えません。例えば、クセの強い人がストレートパーマだけだとクセが残ってしまうこともあり艶感が出にくくなります。これに対して縮毛矯正ならキレイにくせが伸び、アイロンでキューティクルも整いますので艶感が出ます。両者を比べると間違いなく縮毛矯正した方がキレイです。ダメージと髪がキレイに見えるというのはまた別ものです。どうせならキレイに見せたいですよね?』

私:『そうですね。せっかくならキレイな方がいいです。』

美:『そういったお客様の声を聴きながら、なるべくダメージの少ない、かつキレイにできる最善の方法を日々提案させて頂いています。そして、極論ですが【傷む傷まないは美容師の腕次第です】。』

ストレートパーマのメリットデメリット

両者のと特性も良く知っておきましょう。

  1. 縮毛矯正に比べて施術時間が短い
  2. 料金も安い
  3. 柔らかい質感で巻き髪の持続力もいい
  4. くせ毛を完全には伸ばせないこともある
  5. ストレートの持続期間は短い(2ヵ月ほど)

縮毛矯正のメリットデメリット

こちらは縮毛矯正版です
  1. 効果が高い
  2. 半永久的に持続する
  3. 料金が高い
  4. 縮毛矯正すると巻き髪はとれやすくなる
  5. パーマができにくくなる

市販の薬液は絶対ダメ!

美容師
これだけは絶対やめてください!!

美:『自分でパーマしてみようと思ったことはありますか??』

私:『ええ…前髪のくせが気になりすぎて何度か挑戦しかけましたけどやめました。。』

美:ドラッグストアでも市販の縮毛矯正・パーマの薬が売られていますが絶対にやめて下さい!

私:『理由を詳しくお願いします!』

美:『パーマ、特に縮毛矯正の技術というのはあらゆる美容師の技術の中でもトップクラスに難しい分野です。正直、美容師でもかなりレベルに差ができる技術でもあります。素人の方が安易にやってしまうと取り返しのつかないことになることもあります。無理せず美容師に相談してくださいね。』

私:『…もしセルフでやって失敗したらどうすればいいでしょうか?』

美:『美容師に見せに来て下さい。ただし、ダメージはおそらく元には戻せませんし、切るしかない場合もあります。それくらいパーマの失敗は怖いものなんですよ。』

失敗例

パーマを失敗すると

  • 髪がチリチリ
  • 髪が切れてなくなる

こんなことが起こるようです。こうなってしまうと美容師でもお手上げらしいのでセルフでやるのは絶対にやめて欲しいとの事。

縮毛矯正・ストレートパーマQ&A

美容室でもよくあるという疑問にお答えいただきました!あなたはこんな疑問をお持ちではなかったですか?

Q.1 男でも縮毛矯正できる?

美:『もちろん大丈夫です!男性の方でもストレートパーマや縮毛矯正をしに来店される方はたくさんいますので気軽にご相談下さいね。』

私:『前髪だけでも大丈夫ですか?

美:『もちろんOKです。前髪などポイントでの施術なら料金も安くなります。』

【関連記事】

男の前髪のくせ毛を治す対策方法とおすすめ3ヘアスタイル

メンズパーマの値段は!?人気のパーマスタイルの料金まとめ

男性必見!メンズパーマの種類とおすすめ7スタイルを紹介

Q.2 毎日アイロンと縮毛矯正ならどっちがいい?

私:『毎日アイロンしているのですが…縮毛矯正した方がいいですか??』

美:『毎日アイロンを使うとどんどん髪がダメージしてしまうのでそういった場合は縮毛矯正をしてしまった方が手間・ダメージの両面でいいかもしれません。気軽にご相談下さいね。』

Q.3 ストレートパーマってどういった時にするの?

私:『お話を聞くほど縮毛矯正の方がいい。と思ってしまうのですがストレートパーマってどういった時、人におすすめなのですか?

美:『先ほどの続きですがストレートパーマには種類があります。例えばパーマ落とし。これもストレートパーマです。パーマを落とすだけなら縮毛矯正までしなくてもいいですよね。こういう時にストレートパーマを提案します。』

Q.4 後からパーマをしたくなったら?

美:『これはかなり多い問題です。基本的に縮毛矯正をしてしまったらパーマはできないと思っておいて下さい。最近ではデジパなどで当てられることもありますがやはりダメージがかなり出てしまいます。美容師側からもそのポイントについては十分に説明した上で縮毛矯正をするようにしています。熱処理をしないストレートパーマなら後からパーマも可能です。』

Q.5 ストレートすぎるのも嫌なのですが…

私:『昔、ピンピンのストレート流行りましたよね!笑』

美:『仕上がりの質感もある程度変えることが可能です。ピンピンのストレートが嫌な方には自然な丸みのついたナチュラルなストレートに仕上げさせて頂きます。

Q.6 縮毛矯正後のケアは?

美:『髪のケアはしっかりとして下さい。後のケアで髪の状態も変わってきます。また縮毛矯正・ストレートパーマをした後3日間くらいはピンでとめたりゴムで強くしばると型がついてしまう事もありますので注意してくださいね。』

【関連記事】

髪のパサパサを改善するおすすめシャンプーと4つの対策方法

おすすめのくせ毛シャンプーは?美容師が教える対策と予防

縮毛矯正とストパーの違い まとめ

いかがでしたか?縮毛矯正とストレートパーマ似ていますが違いもあるのですね。違いのポイントをまとめておくと

  1. アイロンするか、しないか
  2. 効果の違い
  3. 値段の違い
  4. 施術時間の違い

の4つが主な違いです。そして、美容師さんの腕によって仕上がりやダメージ具合も変わるようですね。しっかりと信頼できる方にお願いするのが最善でしょう。

みなさんもキレイにクセを伸ばしサラサラのストレートヘアを手に入れてみませんか??

あなたの素敵な美容ライフを応援しています。

【関連美容記事】

おすすめのくせ毛シャンプーは?美容師が教える対策と予防