買い物依存症4つの原因と治す為の7つの治療方法について

買い物 依存 原因

買い物をするとスッキリとしますよね。自分のために頑張ってきたのですからたまには自分にご褒美をあげてもいいはず。

しかし、ときに【買い物依存】といいやめられなくなってしまわれる方がいらっしゃいます。この記事を見て頂いているということはあなたも…

買い物依存かもしれない・なぜ?・どうしたら治るの?・そもそも買い物依存って何?

という想いを持っているのではないでしょうか?気が付けばとまらなくなっていたり、不要なものばかりが増えていく買い物依存を克服しましょう。

この記事ではそんな買い物依存についの原因や対策を解説していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

買い物依存とは?

物欲が強い人のことを指すのではありません。程度によっては精神疾患に分類されることもあるのが買い物依存症です。

要らないモノや同じモノを数多く、そして繰り返し購入してしまう傾向があります。

決して【モノ】を求めている訳ではなく、買い物したことによって得られる【快感】を求めるのです。普通なにか欲しいモノがあるから買い物をしますが、買い物依存症の方は買うという事自体が目的です。

ひどい場合には買い物をしたいという衝動を抑えることができず、借金をしてしまったり自己破産に陥るケースもよくあります。

特徴の一つとしては買い物をした時は満足感に浸れるのですが、しばらくすると猛烈な罪悪感と自己嫌悪に襲われます。

最初はそんなつもりはなかった。買い物依存症の方はみなさんそうおっしゃいますので特別な病気ではなく、誰にでも起こりうるものなのです。

買い物依存症の症状

買い物依存とはどういった症状なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

【買い物依存】と【買い物好き】の違い

買い物依存症の人は買うという行為に価値を求めるため、買ったものには急激に興味がなくなります。ですのでなぜ買ってしまったのか?という罪悪感を感じて自己嫌悪に陥ります。

ただ、買い物が好きな方はここまではなりませんよね。また平常心を保てないくらいの買い物衝動に駆られることもないはずです。

こんなケースに当てはまれば買い物依存の可能性が高いです。

依存症の人の心理を知ろう

依存症の方は基本的に自分に自信がない人が多いです。

自信はなくともやはり誰かに認められたい、愛されたいという願望があります。依存症の方はこの気持ちが人一倍強いのが特徴。しかし、そこが満たされない為にヒトではなくモノに価値を求めるようになります。

思いっきり衝動買いをするとスッキリしますよね?この時の快感が忘れられず、ストレスがたまってくるとまた買ってしまいます。

そして、次第に買い物をするということ自体に価値を求めるようになるのが買い物依存症です。

買い物依存症セルフチェックシート

自分のことをチェックしてみましょう。これらに該当することが多ければもしかしたら買い物依存症かも知れません。

基本的に3つ以上当てはまるのなら買い物依存の可能性が高いです。

  1. 買い物をすると嫌なことを全部忘れられる
  2. 同じ服でも色違いは全部揃えたい
  3. 買い物したあとに罪悪感や後悔を感じる
  4. 買ったけど使っていないものがたくさんある
  5. 部屋にモノが溢れかえっている
  6. 店員に勧められると買ってしまう

買い物依存になりやすい人の特徴

誰にでも起こりうる症状なのですが、特にこんな特徴を持った方々は買い物依存になりやすい体質・性格の方です。

こちらもぜひチェックして下記の6つに当てはまるものがないかを見てみましょう。

こんな人は要注意です!

  1. 自信がなく、着飾ることで補おうとする人
  2. 恋人を選ぶ基準は自分の気持ち+他人からの評価やどう見られるか
  3. かなりの努力家
  4. すぐ感動して泣く
  5. 奢ることが好き
  6. 態度的にも容姿的にもオン、オフの差が激しい

いかがでしょうか?まずは自分が買い物依存だと認めることも大切です。

買い物依存症の原因

買い物依存症の原因は一体何なのでしょうか?まずはしっかりと原因究明をしないと適切な対処や対策はできません。

主な原因としては下記の3つが挙げられます。

  1. ストレス
  2. クレジットカード 
  3. 快感を得たいという気持ち
  4. 幼少期の体験

依存と言われるものは他にもありますよね?代表的なものだとアルコール依存です。

ストレス→アルコール→快感→アルコールとまさに負のスパイラルですよね?買い物依存も同じです。

では一つ一つ見ていきましょう。

ストレス

買い物依存の原因はストレスだと言われてします。人はストレスが溜まると問題に向き合うのを恐れ、人付合いにも臆病になっていきます。(自分を守ろうとする体の反応です)

そのストレスの発散として買い物な走ってしまう方はたくさんいます。

やはり女性に多く、ストレス社会と呼ばれる日本においてはかなり多いのが買い物依存なのです。

クレジットカード

これも非常に多い原因の一つ。クレジットカードを使っているとお金を使っているという感覚が弱まってきます。

なのでいくらでも買い物ができるような錯覚に陥ってしまいます。お金使いにおいて人と感覚がズレてしまうと今まで仲良かった友達とも疎遠になりがち。

そして、その孤独感を埋めるために買い物をするという連鎖につながってしまうのです。

快感

買い物依存の人の多くは【モノ】がほしいわけではありません。買い物をした時の【快感】を求めています。

これは脳が快感を感じた時にドーパミンという物質を出し、それをまた求めるようになるからです。

幼少期の体験

アダルトチルドレンと呼ばれているものです。親が親としての役割を果たさず、家庭としての機能がなされていない環境で育った子供のことを指します。

愛情を知らないことが多く、こういった機能不全の家庭て育つと高い確立で依存症を発症してしまうことが最近の研究にて明らかにされています。

また親が依存症だった場合も同じように子供も依存症になるケースが多く、これは暴力を受けて育った子供が親になり自分の子にも暴力を振るってしまうのと同じ原理です。

ここまで聞くと不良なイメージもありますが、大抵こういった子どもは大変素直で我慢強いのが特徴です。そうならなければいけなかったということですよね。。

しかし、心のどこかで愛情などを求めていますのでふとした瞬間に快楽、快感を感じてそれに依存してしまうのです。

克服するための治し方や治療方法

  • クレジットカードを持たない
  • 買い物依存者のブログを読む
  • ショッピング情報を見ない
  • 植物やペットを飼おう
  • 身体を動かしてストレスを発散
  • リストを書く
  • カウンセリング

などが有効な対策として挙げられます。買い物依存は本当に小さな事からでも治していけます。一つ一つ解説していきますのでよく読み込んで活かしていきましょう。

クレジットカードを破棄

クレジットカードはとても便利ですよね。しかしリスクも高いというところも忘れてはいけません。

買い物依存の方は借金などをしても買い物をしたくなってしまう方も多く、クレジットカードを持つ事はおすすめしません。

もし、買い物依存の自覚があり、クレジットカードを持っていらっしゃるならカードを破棄してしまうか、使えない場所にしまってしまいましょう。

クレジットカードで買い物をしていると金銭感覚がなくなってきてしまうので気がつけばとんでもない借金をしてしまっていた。なんて事にもなり兼ねません。

破棄してしまうか定額しか使えないカードに変更するのがおすすめです。

ブログを読んでみる

ネットを見てみると買い物依存症の方のブログが本当にたくさん出てきます。

みなさんそれぞれの体験を語っており、

  • こんなに借金した
  • 苦しかった
  • やめたいけどやめらない

など辛い想いを語っておられます。読んでみると買い物依存の怖さが理解でき、自分の中で何かが変わるかも知れませんよ。

【人の振り見て我が振り直せ】

とよく言いますが本当にそうです。こんなに苦しい想いはしたくないとあなたが思うきっかけづくりに経験者の声を聞くことも必要かも知れません。

ショッピング情報やサイトを見ない

買い物したい衝動に駆られてしまうのでショッピングサイトや情報誌は一切見ないようにしてみましょう。

通勤や通学の途中でショッピング街を通らないようにすることも大切です。ショッピング系のメールマガジンなどに登録されている場合はすぐに全て解除してしまいましょう。

少しくらい…。そんな気持ちが良くありません!本気で治したいのなら徹底的に原因をなくす事から始めましょう。

植物やペットを飼おう

動植物を育てることはストレス発散にもなりますし、買い物に依存していた心を埋めてくれるものにもなります。

実際に克服された方の中にはガーデニングを始めたり、ペットを飼い始めたことによって買い物したいという気持ちが抑えられたという方もいるのです。

身体を動かしてストレスを発散

運動もストレス発散にはおすすめです。今まで買い物によりスッキリさせていた気分を朝をかいてスッキリに変えていきませんか?

健康にも繋がりますし、一石二鳥です。

趣味として運動を始めてみて心も体もリフレッシュしましょう。

リストを書く

自分の持っているものをリストに全て書きだしてみて下さい。そしてそれを常に持ち歩きましょう。

買い物したくなった時にリストを見返す癖をつけていくことで要らないものを買ってしまうのを抑えます。

本当に小さなことなのですが、こんなリスト一枚でも踏み止まれたらりすることができる時もあるのです。

気持ちが揺らぎそうな時に役立ちますし、すぐにできることですのでリストは必ず作っておきましょう。

カウンセリング

色々試したけど治らない。そんな方は病院にカウンセリングを受けに行ってもいいと思います。何も恥ずかしいことではないですよ。

以外とみなさん人には言えないことが多いのですが勇気を持つことこそが一番この買い物依存を克服には必要なのです。

周りにも同じ悩みをもった方々がいますので安心して下さい。

病院などで専門家に相談

最終手段として病院があります。何をしても依存が改善できない、セルフチェックで疑いをもった、誰かに相談したい。そんな方はできるだけ早く医師のもとを訪れましょう。

買い物依存は何科を受診すればいいの?

初めて病院に行く場合、何科を受ければいいのか悩む方も大勢いらっしゃいます。

大きく分けると…

精神科

精神疾患専門の科です。買い物依存症に悩んでいるのならまずは精神科を受診してみることをおすすめします。

心療内科

精神疾患から派生する様々な症状をみてくれます。ストレスなどが原因で身体にも不調がでてしまっている場合はこの心療内科を受診しましょう。

この2科のどちらかになります。症状が科の担当でなかった場合、担当の科を紹介してくれますのでとりあえず行くということが大切です。

関東、関西別で有名なクリニックを載せておきますので相談する際の参考にして下さいね。

東京

さいとうクリニック

依存症治療の第一人者と言われる斎藤学氏のクリニック

場所: 東京都港区麻布十番2-14-5

大阪

医療法人藤井クリニック

アルコール依存専門ですが、他の依存症にも対応してくれ、ミーティンググループも開催しています。

場所:大阪市都島区東野田町1-21-7富士林プラザ10番館2F

自助グループに参加してみよう

自助グループとは買い物依存症など同じ悩みを抱えた方達が匿名で集まるミーティンググループの事です。

同じ悩みを持った人達の前で自分の体験や境遇を話します。また、他人の悩みを聞くことにより、客観的に自分の症状などを把握することができます。

買い物依存やアルコール依存などに大変効果があると言われています。匿名で参加できますので素性を知られることもありません。【自助グループ】と検索すればたくさん出てきますので調べてみて参加してみてはいかがでしょうか。

勇気を出し、行動を起こしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

買い物依存症の克服のためにはまず自分の心構えが大切です。ストレスをため込まないようにし、他に打ち込めることを探してください。

そして自分が買い物依存であると自覚しましょう。

もう一度治し方や治療方法をおさらいしておきます。

  • クレジットカードを持たない
  • 買い物依存者のブログを読んでみる
  • ショッピング情報を見ない
  • 植物やペットを飼おう
  • 身体を動かしてストレスを発散
  • リストを書く
  • カウンセリング

今すぐ始めることのできることもたくさんありますね。

また、買い物依存は恥ずかしいことではありませんよ!同じ悩みをもった方もたくさんいることをお忘れなく。まずは改善のための一歩を踏み出すことが大切です。勇気をもって誰かに相談するのも有効ですね。

さぁ買い物依存を克服していきましょう。