薬をお茶やジュースで飲むのはダメ?正しい薬の飲み方とは

みなさんの中には体調を崩してしまい、薬を服用されている方も大勢いるのではないでしょうか?薬って飲むのが大変ですよね。。

錠剤やカプセルは大きいですし、粉薬は苦かったりして飲むのが大変です。

そして今回のテーマですが【薬はお茶で飲んでも良いのか?】です。みなさん一度は疑問に思ったことあるのではないでしょうか?

『薬を飲まないといけないけど手元にお茶しかない』そんな時もあるでしょう。この記事ではそんな疑問を解決すべく、薬とお茶の関係性についてまとめていきます。

医薬品ですので、間違った飲み方は避けたいところです。正しい知識を身に付け、正しく薬は服用しましょう。

お茶で薬を飲むのはダメなのか?

結論から申し上げますと緑茶やウーロン茶、麦茶などでしたら問題ありませんよ。

以前はよくないとされていましたが、最近の研究でそれほど問題ないことが分かってきました。ただし、少し問題のある成分もありますのでそれについて解説していきます。

  • カフェイン
  • タンニン

薬に悪影響を及ぼす成分としてお茶に含まれるものにはこの2つがあります。カフェインはみなさんご存知でしょう。こちらも一つ一つ説明していきます。

カフェイン

こちらのカフェインは問題ですね。それほど多くは含まれていませんが、念のため注意は必要です。

本当によくある例をあげておくと…

カフェインは風邪薬などにも使われているため、お茶で飲んだ場合、カフェイン過剰になる可能性があります。症状として、逆に頭痛が悪化してしまったり、頻尿になったりします。

また喘息の方もカフェインとの飲み合わせにわより、頭痛や吐き気が起こることがありますので十分に注意が必要です。

もう一度説明しますがお茶に含まれるカフェイン量で悪影響が出ることはほとんどありません。

タンニン

このタンニンが薬の吸収を妨げると言われ、お茶で薬を飲んではいけない理由の一つでした。

薬の種類によってはこのタンニンと薬の成分が反応して吸収されにくいものに変化してしまうのです。

ただし、近年研究によりお茶に含まれるタンニンの量ではほとんど影響が出ないことも分かってきましたので、それほど気にしなくても良いでしょう。

お茶しかなければお茶で薬は飲んで大丈夫です。

タンニンの少ないお茶

影響が少ないとはいえ、やはり気にしてしまう方もいるはずです。カフェインやタンニンがあまり入っていないお茶としては

  • 麦茶
  • そば茶

が代表的ですね。常日頃からこれらのお茶を飲むようにしておけば、いざという時にも安心して薬を飲めます。

念のためにもう一度説明しておきますが、基本的にお茶類なら薬と一緒に飲んでも問題ありませんよ。

ただし、ベストなのは水です。覚えておきましょう。

薬と飲み合わせがよくないもの

他にも薬との相性が良くない飲み物は実はたくさんあります。こういった飲み物と一緒に薬を飲んでしまうと効き目が薄れてしまったりするので注意が必要です。一つ一つ詳しく解説していきますね。

牛乳

胃に優しいイメージのあるミルクですが、コレもおすすめは全くできません。

特に抗生物質や骨粗しょう症の薬を飲む時には注意が必要です。牛乳に含まれるカルシウムと薬の成分が反応し、胃腸から吸収されにくく変化してしまいます。

全く効果がなくなることさえありえますので気をつけて下さいね。

また便秘薬などの効果もなくなってしまいます。牛乳により胃酸が抑えられ、中性化することにより、本来腸まで届く薬が胃で溶けてしまうからです。

飲み合わせによっては薬の効果をなくしてしまう牛乳は絶対に避けるべき飲み合わせとも言えますね。

ジュース

とくに柑橘類。中でもグレープフルーツジュースは大変危険な飲み合わせなのです。

肝臓の働きを抑制するグレープフルーツは薬と一緒に飲むと薬の効き目がかなり強まってしまうことがあります。これは一種の中毒症状でもあります。

特に高血圧の降圧剤などはグレープフルーツの効果により長い間血圧が下がったままになるケースもあり、危険です。

また果物系ジュースとみなさんがよく知っているバファリンなども胃から出血するケースもあるなど相性は最悪です。

酒類

お酒は説明するまでもないかと思いますが、薬と一緒に飲んでしまうと時に命に関わることさえありますよ。

薬というのは本来体内にない成分ですので、言わば毒でもある訳です。肝臓によりこれを解毒し安全性を保っていますが、アルコールと摂取することにより、解毒されないまま身体に送り出されてしまいます。

またアルコールを分解する酵素自体が薬の成分と反応すると有毒なものを変わることもあり、大変危険です。

お酒と薬の飲み合わせは絶対にやめましょう。

コーヒー・紅茶

先ほども説明しましたがカフェインが多く含まれているためにおすすめできません。

胃腸薬などに至ってはカフェインが体内からなくなるのが遅くなり、最悪の場合全身痙攣などの症状が出ることもあります。

その他の様々な薬も効き目が弱まったり、予期せぬ副作用が出たりする危険が指摘されています。

食後にコーヒーや紅茶を飲まれる方はたくさんいるはずですが、薬を飲む際には控えるようにして下さいね。

コーラ

コーラに限らず炭酸飲料は薬との相性が良くありません。酸がよくないのですが、数ある炭酸飲料の中でも特に酸が強いのがコーラなのです。

薬の吸収を遅らせたり、効き目が弱まったりしてしまうのでやはり薬は水や白湯で飲むべきですね。

水なしで飲む

これが実は一番危険かも知れません。

薬は基本的に水と一緒に飲むように作られていますので水なしで服用してしまうと事故につながることがあります。

実際にあったケースでは…

食道に薬が引っかかり炎症を引き起こして潰瘍にまでなったケースや気管から肺に薬が入り込んでしまい、肺炎になったケースもあるのです。

水で薬がとけることにより、効果が十分に発揮されますので水分は必ず必要です。カプセルなどに至っては水なしで飲むと溶けずにそのまま排泄されてしまうこともあるのです。

必ずコップ一杯の水と一緒に薬は飲みましょうね。

正しい薬の飲み方

どのように薬は飲むのが正しいのでしょうか?

基本的にはコップ一杯の水と一緒に飲むのが正しい。

とされています。上記で解説しました飲み合わせの悪いものや水なし、水の量か少ないと効果を発揮しないこともありますので十分注意しましょう。

また下記の5つを守ることも大切です。

  1. 容量を守る
  2. 食前・食間・食後を守る
  3. 服用期間は厳守
  4. 飲み合わせに注意
  5. 正しい飲み方をする

この5つを必ず守るようにしましょう。

中でも特に気をつけていただきたいのは期間です。治ってきたからもう大丈夫と飲むのをやめてしまうと再発の恐れも高まります。

医師は治すために必要な量や期間をきちんと定めて処方していますので安易な自己判断は控えるべきです。

注意

日本では正しく用法・容量を守って薬を服用されている方は全体の約30%とかなり少ないのが現状です。そのために毎年500億円もの薬が無駄になっているのをご存知でしょうか?

正しく薬を服用しない為に完治に時間がかかっているケースも多々ありますので、正しい薬の飲み方を心がけましょう。

食前・食間・食後について

どの薬にも必ずこの表記はありますが、具体的にどのくらいの時間なのかご存知でしょうか?簡単に解説していきます。

食前

食事をする30分〜1時間前です。食事の前に飲むことで効果が高くなる薬を飲む場合は食前が多いですね。

食間

食事から2時間以上後を指します。空腹になっているというところがポイントです。

食後

食事の後30分〜1時間を指します。少しきつい薬に多く、薬で胃が荒れるのを防ぎます。

薬の飲み方の疑問

食事の時間が不規則なのですが…

ほとんどの薬は食前や食後によって効き目が変わることは実はほとんどありません。ですので食事が不規則なら時間を決めて飲むようにすれば大丈夫です。

空腹なら水を多めに飲むようにし、胃腸を保護しましょう。

ただし、特殊な薬もありますので事前に医師に相談することをおすすめします。

正しい薬の保管の仕方

薬は温度や湿気、紫外線などにより劣化しやすいものです。

みなさん薬をどのように保管されていますか?基本的にほとんどの薬が15度以下で保存するのが理想だとされています。

よく冷蔵庫に薬を入れる人がいますが、実は間違いです。結露などにより薬がカビてしまうことがありますので、冷蔵庫ではなく涼しい冷暗所で保管しましょう。

薬はお茶で飲んではいけないのか? まとめ

いかがでしたか?

ついついお茶で飲んでしまうという方って非常に多いイメージですが薬の種類によっては効き目が落ちてしまったりと大変ですね。

その他の飲み物も薬との相性が良いとは言えません。やはり水で薬は飲むのがベストと言えます。

もう一度飲み合わせ注意なケースをおさらいしておきましょう。

  • 牛乳
  • コーラ
  • ジュース(特に柑橘系)
  • コーヒー・紅茶
  • お酒

これらと薬を一緒に服用することは絶対に避けて下さいね!

お茶に関しては比較的問題ないケースが多いので薬の種類についてもよく把握しておきましょう。正しく薬は服用し、辛い症状を早く治せるようにしていきましょう。